2008年08月22日

不妊カウンセラーが語る不妊症克服法

不妊症で子供が出来ず、悔し涙を流していた彼女が
ある方法を試したところ、
たった14日で妊娠が判明!!

不妊カウンセラーが語る不妊症克服法を実践した方の声です。



「子供はまだなの?」

OLの恵子さん(31歳)は会社に行くたびに、
この言葉を同僚から聞かされストレスを感じていました。

職場では妊娠する人が続出し、自分だけが取り残されたように感じて

「なぜ私だけが妊娠できないの?…」

と、いつも悩み、帰宅時に見かける、赤ちゃんが載っている電車の広告や
子連れの夫婦を見ては泣いていました。
妊娠、出産という言葉にでさえ、神経質になるくらいです。

彼女は20代で結婚し、当時子供はすぐできると思っていたので、
子供は一〜二年ほど夫婦2人の生活を楽しんでから」と気楽に考えていました。
仕事にもやりがいを感じていたので、結婚当初は作らないつもりでいたのです。

ところが、子供がほしいと思い始め、避妊をせずにセックスをしても
まったく妊娠する気配はありません。
30歳を過ぎてからは、妊娠する確率が低くなると聞いていたので
とても焦り始めました。

「まさか、このまま妊娠できないのでは?」

困り果てた恵子さんは、さんざん迷った挙句、
自宅から近い大きな病院へ行くことになりました。
しかし、待ち時間が長く、病院で妊婦とすれ違うたびに
劣等感を感じていやな気分になりました。

ボロボロに疲れ果て、指定された日時に行かないこともよくありました。

それでも我慢して病院へ通い、人工授精まで行いましたが、全然妊娠しません。
堪忍袋の尾が切れて、夫に

「もう病院には行きたくない!」

と、泣きながら八つ当たりしてしまいました。

気がつけば35歳になり、もう妊娠することは不可能だと思ったそうです。

「ここまでか・・・」

あきらめかけた恵子さんでしたが、ある方法を使って
妊娠することに成功したという話を、友人から聞きました。

恵子さんは実行するか悩みましたが、年齢的にも差し迫っていたので
もうやるしかないと覚悟を決めたのです。

その結果・・・

2週間後、恵子さんは妊娠が判明。

今は母子共に順調で、出産日を待ち望んでいるとのことです。



不妊カウンセラーが語る不妊症克服法を実践した方の声です。

posted by もりさん at 15:36| 不妊カウンセラーが語る不妊症克服法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フコイダンSHOP ダイエット人気ランキング アフィリエイト外注化マニュアル 激安通販価格比較.comで電験3種スピード合格術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。